top of page

ご相談の多い症状・疾患

目やまぶたのさまざまな症状・お悩みを診療しています。

眼疾患の中には、自覚症状がないまま進行してしまう疾患や、早急に治療が必要な疾患もあります。目はとても繊細な臓器であるため、眼科専用の機器を用いて目の奥(眼底)を観察したり、非常に小さな変化を早期に見つけることが大切です。

目についてお困りのことがありましたら、どんなことでもお気軽にご相談ください。

おおたけ眼科 古淵医院 診療内容

ご相談の多い症状・お悩み

見え方・視力

よく見えない
かすんで見える
二重・三重に見える
ゆがんで見える
まぶしく感じる 

ある部分が見えない

視野が欠けている

ゴミ・虫のようなものが見える

近視の進行を抑制したい など

目やまぶたの症状

目が痛い

目がゴロゴロする

目が乾く(ドライアイ)

目やにが出る

目が充血している・赤い

目がかゆい

涙目

黒目が白い

目を強くぶつけた

目・まぶたのできもの

まつ毛が目に刺さる

まぶたが腫れている

まぶたが下がっている

まぶたがピクピクする など

コンタクトレンズ・メガネ

初めてのコンタクト/メガネ

コンタクト/メガネの処方がほしい

コンタクト/メガネの度数が合わなくなった

眼科検診

学校検診/健康診断で眼科受診を勧められた
子どもの見え方が気になる

主な対象疾患

白内障

加齢黄斑変性症

黄斑前膜

屈折異常

先天性鼻涙管閉塞

アレルギー性結膜炎

ものもらい

緑内障

網膜静脈閉塞症

中心性漿液性脈絡網膜症

ドライアイ

眼瞼下垂

花粉症

飛蚊症

糖尿病網膜症

網膜剥離

ぶどう膜炎

涙が多い(流涙症)

眼瞼けいれん

感染性結膜炎

翼状片

レーザー網膜光凝固術

レーザー光凝固術は病気の悪化を防ぐ目的でおこなわれるもので、元の状態に戻すものではありませんが、眼底の病気には欠かすことのできない重要な治療法です。
網膜にレーザーを照射し、熱で病的な部分を凝固させることにより病気の進行を食い止める治療です。

おおたけ眼科 古淵医院 レーザー網膜光凝固術

小児眼科

小児眼科は、主に小学生までのお子さまを対象としており、小児によく見受けられる眼症状(弱視、近視、遠視、乱視、斜視など)の診察・検査・治療を行います。

子どもの視力の発達はだいたい6~8歳くらいまでですので、それまでに目の状態をしっかりチェックすることが大切です。お子さまの目に関して、専門的なチェックを受けたい、気になることがある場合もお気軽ご相談ください。

おおたけ眼科 古淵医院 小児眼科
小児眼科の主な対象疾患

屈折異常(近視、遠視、乱視)

結膜炎

弱視

斜視

色覚異常

学校の眼科検診で指摘された方へ

学校の眼科検診(視力検査)では、A~D判定の4分類で評価されます(370方式)。

A判定以外は、近視、乱視、遠視、弱視などの病気が関わっていることもあるので、早めに眼科を受診しましょう。

コンタクトレンズ・メガネ処方

メガネ・コンタクトレンズの相談を受け付けています。

ご高齢の方は、白内障などの目の病気によって視力が変動することもありますので、眼鏡屋さんに行く前に眼科で診察を受けましょう。

お子さまは生活環境や成長に伴い視力の変化が起きやすいため、より正確な検査と慎重なメガネ・コンタクトレンズ処方が必要です。

おおたけ眼科 古淵医院  コンタクトレンズ・メガネ処方
bottom of page